2016年06月20日

ランチ難民、今日も歩き回る

 東京に出てきて2か月。今困っているのは、お昼ご飯をどこで食べようということだ。社員食堂がないので適当に食べているのだが、満足のいくランチにたどり着いていない。
 一番の問題は値段だ。高い。こんなに高いのかと驚いた。普通のランチメニューに1200円も出せるわけがないだろう。ランチは生協の食堂で300円ぐらいで済ましていた僕にとっては、異常とも言うべき価格だ。
 お店自体はたくさんある。お金さえゆるせば、一軒一軒訪ねて回りたい。だけど、無理なのだ。毎日そんなことをしていたらお昼ご飯代だけで破産してしまう。
 どこかに安くておいしいお店はないものか。僕はまだ見ぬ理想郷を追い求めて今日も歩きまわる。
posted by y.tera at 22:30| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月13日

私はなりたい

 深みのある人間になりたい。パッと見おとなしそうだけど、実は強い主張を持っていて、それでいて態度は柔らかく、でも、ゆずれないところは絶対に譲らない。そんな人間に、私はなりたい。
posted by y.tera at 21:33| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月12日

新卒の意見を求める会社

 エンターテイメント業界の新卒入社1年目として思うことがある。ここでいうエンターテイメントとは、人を楽しませることならば何でもいい。文学、音楽、映像、ゲーム、玩具などなど。
 何がヒットするのかますます予想しにくくなっている今日、会社は常にアイデアを欲している。今まで在籍していた社員が出すアイデアよりも、新しく入社してくる人間の新しい視点に期待したくなる。ベテランたちとは全く違った時代に生まれ育った彼らならば、思いもよらなかったアイデアでヒットを飛ばしてくれるのではないか。
 その期待はすごくありがたいと思う。しかし同時にすごくプレッシャーになる。もしかしたらここまで書いてきたことはすべて僕の幻想で、会社は僕にこれっぽっちも期待していないのかもしれない。だけど、自分が自分にプレッシャーをかけたくなる。俺がやらなきゃ!という気持ちがいつも胸にあって、そいつに僕は急かされる。
 常に考えることだ。僕にできるのは、それだけ。意見を求められたときに、渾身のアイデアをぶつけてやるのだ。それをやるためには常に考えて、たくさんアイデアを持っておかなくてはならない。1つだけ温めていても、あまり意味がない。そのアイデアとよく似たものが先に世に出てしまうかもしれない。数を撃つことだ。それしかない。
posted by y.tera at 22:27| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。